上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ドキドキしながら乗り込んだマヌス。
約2年間、わたしの本拠地となったPNGのLAST PLACE。
とうとう離れるときがやってきた。
2年の間には、帰りたいと心の底から思ったこともある。

しかし、今思うことは、

「ここを離れたくない。
 日本に帰りたくない。」


嘘でも飾りでもない。
我が任地、パピタライ。
静かで、安全、人は良い、自然いっぱい、なんでもフリー・・・
あげればキリがない。

土曜の夜に、同僚の先生たちが送別会を開いてくれた。
こういう会はいつも集まりが悪いので期待せずに行った。
そしたら、学校に残っていた先生のほとんどが来てくれた。
おみやげをもらったり、
プレゼント

名前入りの手作りケーキに包丁を入れたり、
ケーキ

食いきれないほどの料理があったり。
料理

最後に集合写真。
先生

考えてみれば、はじめての集合写真が最後の集合写真となった。



そして、月曜日。
とうとうパピタライから離れてしまうときがきた。
朝から、荷物整理と掃除をしていると、生徒や周りの人たちがたくさんやってきてくれた。
シスター

約2年間まるまる教えていた生徒たち。
女性と
「行っちゃうのは寂しいよ」
と言われたら、そりゃあ泣きたくもなりますわ。


準備を整え、校長先生の運転する車に乗り込む。
村を運転中は、クラクションを鳴らしっぱなし。
その音で次々に家から人が道路にやってきて、手を振ってお別れをしてくれた。
道路まで走って見に来てくれる人たちを見たら、思わず手がちぎれんばかりに振りかえしてしまう。


空港での集合写真。
空港

これだけ多くの人が空港までわたしの見送りのためだけに来てくれた。
送られる当の本人が一番びっくりしたはず。
飛行機が来るまでの2時間、いろんな人とお別れをした。
何人の人と別れの握手をしただろう、ハグをしただろう。
飛行機に乗り込む階段をあがり、最後の段の上で振り返りみなに手を振る。
なんかこんなシーンどっかのニュースで見たことあるなとふと思う。

飛行機が飛び立つのを見送るために駐車場に残った車はたった一台。
それは先生と生徒を乗せた車だった。
マジかっ!!
ありがとうと伝えたくても伝えられない。
こっちからは見えるのに向こうからは機体しか見えていないはず。
あの光景は、なにがあっても忘れられないだろう。
最高の思い出を残してマヌスを後にした。


現在は首都滞在中。
マヌスにはずっと居たくても、首都にはちっともいたくない。
それだけの違いがある。

そして20日にPNGから飛び立つ。
日本への準備開始・・・


本日から一人だけでダイビング開始。
最後のパプアを満喫して帰ろうと思います。
今日もわたしは元気です。
スポンサーサイト
2013.06.11 Tue l PNG l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

ブログ見てます(^-^)v
2年早かったね(笑)一同、お待ち申し上げております(__)
2013.06.14 Fri l きょうへいくん. URL l 編集
どうもです
早かったね~
さっそくどっかに行きますか!!
2013.06.14 Fri l yoshi. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kypng.blog.fc2.com/tb.php/187-bbc5a47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。