上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回の目的、「裸族」
このテーマでまとめてみましょう!!

まずはカヌーで川を行けるところまでひたすら上る。
しかし、なんと水不足で川が浅い!!
目的としていた場所までモーターを使えそうにない。
止まった・・・
そんなときはどうするか??

答えは簡単である。
押す押す

手で押せばいいのである。
ガイドたちと共にカヌーを押して川上り。
これが非常にきつい・・・
川の流れが速いところではカヌーを押すどころか、体が流されそうになる。
そんなときでも現地人は平然と押している。
さすが!!

なんとか目的地まで行ったら、あとはひたすらブッシュの中を歩く歩くしかない。
しかし、弱っちい日本人が重い荷物を持って、泥だらけのブッシュや、川渡りをするのは正直しんどい。
ということでポーターを雇って、身軽になって探検スタート。
あるくあるく

ブッシュをかき分け、川を渡り、ブッシュをかき分け、川を渡り・・・
そんなこんなで約3時間。
ようやく目的地の村に到着!!
そして、念願の裸族に出会えた!!
裸族

この写真、全裸に見えるでしょ??
しかし、おじちゃんはしっかりペニスケースを着用しています。
決して、全裸ではないので、ご了承ください。
なのでモザイクも入れていません。
何度も言いますが、決して卑猥な画像ではありません。

奥地の村ということもあって川の水はちょーーきれい。
そこで裸になって、お風呂。
めちゃくちゃ気持ちいいです。
やっぱりきれいな川でのお風呂は格別です。

その村でお泊り。
次の日に、村の中を散策したり、伝統の踊りを見る予定だった。
しかし、翌朝目を覚ますと大雨・・・
予定はキャンセル・・・
雨がやむのを待って、帰ることに・・・
まぁ、1年半もPNGにいればこんなの慣れっこ。
雨が止んだら帰りました。

しかし、雨の影響で帰り道は行きにも増して、グチャグチャ。
田んぽの中を歩くようなものです。
でも裸足になって歩いたらとても気持ちよかったんですけどね。
川も増水していて、股くらいまである中、渡って帰りました。
ブッシュかき分け

無事に帰れるか心配でしたが、なんとか生きて帰ることができました。
しかし、裸族のおっちゃんと同じ部屋で寝たら、風邪ひいたようです。
彼、実は病気のようです。
夜のあいだずっと、咳をし続け、タンをからませ、苦しそうにしてました。
どうやら風邪を引いていたようです。
原因はやっぱり服を着てないからでしょう。
だったら服を着ればいいのにw
まぁそしたら裸族でなくなっちゃうけど^^

まぁこんな感じで目的は達成されました。
なんかあまりにあっけなかったですが、こんなもんなのでしょうw
面白いことに、奥地に進めば進むほど、フレンドリーさは消えていきます。
どうやら肌の白い人間に怯えていたり、警戒心を持っているようです。
わたしたちも奥に進めば進むほど、怖くなってくるんですが・・・


最後に一緒に行ったポーターやガイドと記念写真!
集合

そんなこんなで裸族編を終わります。
次回は、いろんな写真をランダムに載せますね。
今日もわたしは元気です。
スポンサーサイト
2013.01.30 Wed l 旅行 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。