上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前より、難民センターの話をしていましたが、その追記です。
先日、新聞を読んでいたら今週末にいよいよ収容を開始するということでした。
つーこんで、ちょっとチェックしに行ってきました。
そしたら、わたしの見た目には全然準備は整っていませんでした。
日本人の目からしたら、住めるような環境じゃないかもしれないけど、もしかしたら完成しているのかもしれません。
しかし、トラックの荷台から、ちら見程度だったのでよくわかりません。
予定通りにいくのでしょうか。

現場は、オーストラリアの軍隊がキャンプを張っていて、テントの数だけ見れば100人以上いたのではないでしょうか。
そのほかにもPNGの軍隊、本島から連れてきたセキュリティーやオーストラリア政府の人間などなどを含めての話ですが。
ただの門番ですら、首都から連れてきたっぽいです。
わたしの島にはないセキュリティ会社の制服を着ていました。


現在、わたしのいるところは赴任してきてから一番盛り上がっています。
まず、空港。
他の隊員の任地は毎日1便以上飛行機があるのに、わたしのところは週に5便だけ。
つまり、1週間で5機しか使わない。
しかし、今は一日で5機以上使っている。
それもほとんどが軍用機。
軍の補給機やらなにやらごついのが次から次へと空港にやってくる。
学校が空港に近いから来たらすぐにわかる。
そのおかげで、以前は飛行機が通るたびに授業が止まったのに、一日に多くが飛ぶもんだから、生徒たちは飛行機に無関心になってしまったw
オーストラリア軍も空港で、キャンプを張っているので、一種の観光スポットになっている。

そして次は建設現場。
先述したとおり、お客さんがいっぱい。
ほしたら、その村がめちゃくちゃこぎれいになっていた。
何度も行ったことあったけど、草ボーボーの村だったのがきれいに刈られていた。
そして、民家も庭をきれいにしていた。
お客さんが来るって言うときのPNG人のこういうの好き。

そして次は町。
週1回の買い出し。
そのときにPNG軍やオーストラリア軍の迷彩服を着た人たちが目立つ。
そして、そのなかのオーストラリア女性に目を奪われる。
わたしより体格がいいんだけどねw
このまま軍隊が常駐してくれれば、町も少しは平和になってくれるのになぁ・・・
真昼間でも外に出るのがコワいなんておかしくないっすか??

今回のこの計画。
わたしの島がOKを出すために条件を出していた。
・工事は島のものにさせる。
・島の道路などのインフラを整える
・資金援助
などなど。
しかし、パプア人に任せていたら工事が進まない。
って言って、オーストラリア人が工事をしている。
しかも軍の補給機から食料なども来ているから、わたしの島は特に恩恵は受けない。
インフラ整備よりもまずオープンさせることに集中している。
などなど、最初の話と違う。
とちょっと、いざこざはあるようです。
本当に今週末に収容が開始されるのかも含めて今後はどうなっていくのでしょうか。

写真撮れればいいんですけど、カメラを構えた瞬間に撃たれても困るんで絵はなしですw
今日もわたしは元気です。
スポンサーサイト
2012.10.26 Fri l PNG l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。