上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
帰ってきました!!
21日の朝に成田に到着しました。
P6212004.jpg

そして、今は実家にいます。

2年も日本から離れていたら、違和感を感じるのかと思っていました。
しかし、そんなことありませんでした。
違和感を覚えないことに、違和感を感じます。
そんな変わるもんじゃないんですねw

日本に帰ってきて、空港まで迎え来てくれた人あり、誕生日会を開いてもらったり、
わざわざ会いに来てくれたり、ありがとうございました。

これからは、プラプラしようと思います。
ここで2年のまとめをしてもいいですが、それは会った時にしましょう^^
それまでにまとめられるようにしますw
とりあえず、ひまっ子なんで、遊んでください。

最後に一言、

Tenkyu tru!!!
(いっぱいありがとうございました!!!)

今日もこれからもわたしは元気です。
スポンサーサイト
2013.06.26 Wed l 日本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本帰国までちょうど2か月。
日本を離れているわたしはまだまだ先のことと考えている。
しかし、最近、
「もうすぐだね」
とか
「あと2か月しかないね」
とか言われて、本当にもうすぐなんだなと実感する。

わたしの心の準備とは裏腹に、帰国日はどんどん近づいてくる。
先週はとうとう帰国便のチケットが届いた。
日本への帰国日

6月21日 朝10時

一番楽しみなのは、シンガポール経由ということ。
空港から出ることはないけど、シンガポールっていうだけでなぜかテンションが上がる。
日本より上がるかもしれないw

帰国後は東京で研修がある。
そのため、山梨への帰省は

6月25日 夜

の予定です。

帰ってからも夏休みはまだまだ続きそうです。
今日もわたしは元気です。
2013.04.21 Sun l 日本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
本日、同僚に写真が欲しいと頼まれたので、CDに焼いていた。
ちょっと時間があったので、日本の写真を見せてあげた。
昨年の姉の結婚式の写真を見せてあげた。
ほんで、家族の集合写真を当然見せました。

はい、そのときです。
わたしと父と母はすぐに認識しました。
そして、わたしの姉と妹を見て、同僚が言ったのが、
「ol bikpela sista bilong yu?」(この二人はお姉さんですか?)

完全に、これはわたしの家族ではあるある話。
いつもわたしが一番下に見られてしまう。
まだそれはいいほう。
たまに姉と妹の二人を見て、妹のほうが年上に見られることもある。
6歳くらい差があるのにねw
どんまい、わが妹!!
このブログに書いてごめんなさいw
まぁ、たぶん今、見てないだろうから書けますけど~

相変わらず、意地が悪いおにぃですが、
今日もわたしは元気です。

恒例の「今日のごはん」!!
ごはん
2012.09.13 Thu l 日本 l コメント (4) トラックバック (0) l top
どうも6月に誕生日を迎えました。
早いもので26歳を2か月も経験してしまいました。
残りの20代をどう過ごそうか考えていたその時、手元に大きな荷物が。
日本から配給と言う名のプレゼントがやってきました。

重量17キロと書かれていて、何が入っているんだと困惑。
しかし、中を開けてみたら、それは玉手箱でした。
にもつ

何がうれしいってやっぱり日本の味ですよね。
フリーズドライですけど、これが最高の幸せ。
なんか並べて眺めてみているだけで、笑顔が止まらない。
たぶん、はたから見たらただのド変態です。
15分くらいは、口がゆるみっぱなしでした。

それに衣類。
こっちで買えないことはないんですが、品質が悪い。
着てるとごわごわして気持ち悪い。
そんなときはユニクロさんです。
ちょっと、家族のセンスを疑うものもありましたが、それはご愛敬w

そして、おパンティー。
トランクス派のわたしはPNGでは完全なマイノリティー。
こっちではブリーフかボクサーパンツしか売っていない。
7枚くらい日本から持ってきていたのですが、ハードな手洗いに耐えきれず、3枚は命を絶った。
そんなときだったので、わたしの命は守られた。
カビちゃんも治ったことだし、新たな戦士とともに、ふんどしを引き締めて10か月乗り越えようと思う。

そんな段ボールの中に大量に入ってたコレ。
なに

「デキル男の条件とは」
いったいなんだ?
って、思ったら、洗顔の試供品みたいなものだった。
ちょっとこれには笑わされた。
顔を洗って、出直せということでしょうか。

これで日本からの送りものは4回目。
家族2回に、まーやん1回、協力隊を育てる会1回。
段ボールをあける瞬間のドキドキ感と、開けた時のトキメキはみなさんには想像しがたいと思う。
盆と正月とクリスマスと誕生日と結婚記念日が一度にやってきたようなものだ。
おっと、結婚記念日はまだわかんないや。
とにかく、はんぱなくうれしいってことです!!!

あっ、ちなみに、今、吉野家の牛丼が食べれるなら5000円は出しますよ。
セブンのおにぎりも500円は出しますね!


話は変わって、27日は同期の誕生日でした。
ということで彼が心から喜ぶ誕生日プレゼントをあげたいと思います。
http://ameblo.jp/nikunosakano/
みなさん、このページにとんでみてください。
PNGの同期で同学年の超人気ブロガーのブログです。
わたしとは違った目線で活動してるし、PNGの見方も違うので、楽しめるかと。
ただ、ちょっとイライラしますけどw
気が向いたら、見てやってください。
最近さぼりがちなので、昔の記事を見てあげてください。
こんなプレゼントはいかが?

ということで、いつも以上に
今日もわたしは元気です。
2012.08.29 Wed l 日本 l コメント (3) トラックバック (0) l top
わん

最近本当に毎日天気が悪い。
2,3週間くらい澄み渡った青空にお目にかかれていない。
外を出歩きたくても、天気が許してくれない。
ということで、土曜日の今日はずっと引きこもり。
そんなときは、ハードディスクにある2テラにも迫りそうな動画がわたしを救ってくれる。

そんな今日は、2011年の紅白を見てみた。
はい、いまさらです。
昨年の大みそかの紅白が放送されているころは、シドニーからバヌアツへと向かう飛行機の中。
年越しの瞬間はバヌアツの首都で男3人で花火を見ながら語り合い。
それから早いもので8カ月。
長い月日を経て、紅白解禁です。

家で紅白を見て、見終わったらすぐにお風呂に入って、湯船につかりながら除夜の鐘を聞くのがお決まりの年越し。
そんなお家大好き少年が海外で年を越すなんて・・・
はてさて今年はどんな年越しになるのだろうか?
自分でも想像できません。


話を戻して紅白の話。
ぶっちゃけ、見ながら泣きまくりました。
たぶん柴田理恵もドン引きするくらい泣きました。
ぼーちゃんやしんべぇより鼻水たらしました。
紅白に感動したわけではないです。
2011年を振り返ったら、なんか自然と出てきました。

思い起こせば、2011年は大波乱の1年でした。
なんたって、人生最大の落ち込みからのスタート。
それから立ち直る前に、2月に協力隊の話がきて、すぐに返事を下さいと言われ、
どうしようか悩み、いろんな人と話をしたり、相談したりして、
親の海外旅行中に仕事をやめることを決断。
3月いっぱいで辞めるのに、2月の最後の週のこと。
引き継ぎやら、必要な書類を書いたり、いろいろ大変だった。
仕事をやめたと思ったら、その次の週には訓練開始。
長野で2カ月間の缶詰生活。
そこでいろんな人と出会った。
すばらしい出会いもいっぱい。
やっぱり「縁」ってやつですね。
(緑じゃないですw)
しかも、協力隊に参加するような人たちだから変わった人が多いことw
たぶんわたしが一番の一般ピーポーだったと思います。
共同生活とか、団体行動とかが大っきらいのわがまま少年。
楽しかったけど、息苦しい2か月だった。
今思えば、もっといろんな人と話をしたりすればよかったなと後悔。
そんな同期が今、世界中で活動していると思うと、なんか力をもらえる気がする。
もちろん日本で仕事をしている友人などの様子を聞くと自分もしっかりしなきゃと思う。

訓練が終了し、準備したり、壮行会を開いてもらったり、挨拶回り。
出国までたった10日間しかなくて目が回る忙しさ。
そして、6月22日の25歳の誕生日の夜。
男7人で日本を出国した。
それからはPNG生活。
同期との1か月間の現地語の訓練を経て、いよいよ任地生活。
その様子はブログで振り返ってくださいw
約半年間、あっという間に過ぎてしまった気がする。
今ではかなり昔のような気がして、記憶があまり残っていない。
去年のことだけど、緊張したり、慣れなかったりしたせいで覚えていないのだろう。

現地語も英語もあまり話せない日本人が来たにもかかわらず、温かく迎えてくれた同僚や、生徒や村人たち。
そんな人のあったかさを感じたということだけはしっかりと残っている。
そのおかげで活動ができたのは間違いないだろう。
本当に、本当に、ありがたかった。

日本でもいろんなことが起きた年だっただろう。
それとレベルは違うけど、自分の中でもいろんな変化があった年だった。
厄年だったからだったかもしれないw
でもそれを経て、ちょっとは成長したかなとは思う。
4歳にだんだん近づいてきた気がする。

と、2012年も後半に入っている今、2011年を振り返った一日だった。
やっぱり年末に紅白を見ながら一年を振り返るということは必要なのかもしれない。
先のことを考えるのも必要なことだけど、一歩立ち止って、後ろを振り返ってみる。
その重要性を再確認した。

しかし、そろそろ先のことも考えないといけないのかな。
はっきり言います!!
一年後のことは、「ノープラン」です。
ノープランでプランプランに生活していこうかと・・・
だれか嫁にもらってくださいw
料理のレパートリーは少ないですが、掃除・洗濯・裁縫・お金のやりくりなど家事なら何でもできます。
ご連絡お待ちしております♪

たくわえたひげをすべて剃って、すっきり爽快。
完全にスーパーさわやか青年になりました。
涙を流しすぎて、干からびてしまいそうですが、
今日もわたしは元気です。

あっ、紅白ではやっぱりKARAと少女時代が光ってました。
2012.08.11 Sat l 日本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。