上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
帰ってきました!!
21日の朝に成田に到着しました。
P6212004.jpg

そして、今は実家にいます。

2年も日本から離れていたら、違和感を感じるのかと思っていました。
しかし、そんなことありませんでした。
違和感を覚えないことに、違和感を感じます。
そんな変わるもんじゃないんですねw

日本に帰ってきて、空港まで迎え来てくれた人あり、誕生日会を開いてもらったり、
わざわざ会いに来てくれたり、ありがとうございました。

これからは、プラプラしようと思います。
ここで2年のまとめをしてもいいですが、それは会った時にしましょう^^
それまでにまとめられるようにしますw
とりあえず、ひまっ子なんで、遊んでください。

最後に一言、

Tenkyu tru!!!
(いっぱいありがとうございました!!!)

今日もこれからもわたしは元気です。
スポンサーサイト
2013.06.26 Wed l 日本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
6月18日(火)

本日、現地事務所での報告会が終わりました。
かなり幼稚っぽい発表になってしまいましたが、無事に終了。
お仕事っぽいことは終わりました。
あとは安全に、無事に日本に帰るだけです。
と簡単に言いつつ、それが一番難しいことなんですけどね。


ここ1週間ほどは首都のポートモレスビーにいます。
危険であまりいたくないのですが、仕方ないです。
二日間ほど教育省に行って活動。
そしてダイビングを3日ほど。
後者メインということは秘密です。
3日間はまさかの一人w
一人に対して、3人でのもてなし。
いやー、楽しかった!!
いっぱい魚見て、サンゴ見て、サメも見て、イルカも見て・・・
いい思い出になりました!
しかし、山梨に帰ったら海がない・・・
どうにかして機会を作っていかなければ!!


PNGを離れるまであと2日。
実感が全く湧きません。
日本てどんなところだっけかな??
コワイです。
みなさん、ボーナスでわたしを助けてください。
おいしいごはん食べたいです!

と言いつつも、首都でおいしいものを食べています。
今日は、昼・夜と中華。
でもやっぱり日本クオリティのレストランには負けますね。
そんなん考えたらよだれが止まりません!!
今日もわたしは元気です。
2013.06.18 Tue l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top
ドキドキしながら乗り込んだマヌス。
約2年間、わたしの本拠地となったPNGのLAST PLACE。
とうとう離れるときがやってきた。
2年の間には、帰りたいと心の底から思ったこともある。

しかし、今思うことは、

「ここを離れたくない。
 日本に帰りたくない。」


嘘でも飾りでもない。
我が任地、パピタライ。
静かで、安全、人は良い、自然いっぱい、なんでもフリー・・・
あげればキリがない。

土曜の夜に、同僚の先生たちが送別会を開いてくれた。
こういう会はいつも集まりが悪いので期待せずに行った。
そしたら、学校に残っていた先生のほとんどが来てくれた。
おみやげをもらったり、
プレゼント

名前入りの手作りケーキに包丁を入れたり、
ケーキ

食いきれないほどの料理があったり。
料理

最後に集合写真。
先生

考えてみれば、はじめての集合写真が最後の集合写真となった。



そして、月曜日。
とうとうパピタライから離れてしまうときがきた。
朝から、荷物整理と掃除をしていると、生徒や周りの人たちがたくさんやってきてくれた。
シスター

約2年間まるまる教えていた生徒たち。
女性と
「行っちゃうのは寂しいよ」
と言われたら、そりゃあ泣きたくもなりますわ。


準備を整え、校長先生の運転する車に乗り込む。
村を運転中は、クラクションを鳴らしっぱなし。
その音で次々に家から人が道路にやってきて、手を振ってお別れをしてくれた。
道路まで走って見に来てくれる人たちを見たら、思わず手がちぎれんばかりに振りかえしてしまう。


空港での集合写真。
空港

これだけ多くの人が空港までわたしの見送りのためだけに来てくれた。
送られる当の本人が一番びっくりしたはず。
飛行機が来るまでの2時間、いろんな人とお別れをした。
何人の人と別れの握手をしただろう、ハグをしただろう。
飛行機に乗り込む階段をあがり、最後の段の上で振り返りみなに手を振る。
なんかこんなシーンどっかのニュースで見たことあるなとふと思う。

飛行機が飛び立つのを見送るために駐車場に残った車はたった一台。
それは先生と生徒を乗せた車だった。
マジかっ!!
ありがとうと伝えたくても伝えられない。
こっちからは見えるのに向こうからは機体しか見えていないはず。
あの光景は、なにがあっても忘れられないだろう。
最高の思い出を残してマヌスを後にした。


現在は首都滞在中。
マヌスにはずっと居たくても、首都にはちっともいたくない。
それだけの違いがある。

そして20日にPNGから飛び立つ。
日本への準備開始・・・


本日から一人だけでダイビング開始。
最後のパプアを満喫して帰ろうと思います。
今日もわたしは元気です。
2013.06.11 Tue l PNG l コメント (2) トラックバック (0) l top
パプアの食生活。

みなさんの期待にようやく応えることができます。
先日の夜食はこれ。
たる


見てわかりますね。
そう幼虫です。
サクサクという木の中に住んでいる幼虫さん。
サクサクはセイゴヤシとも言って、パプアの海側の主食です。
その中身をくり抜いたりして食べるんですが、その作業で幼虫さんがうじゃうじゃ取れます。
そして、それは奥地に住むPNG人にとって貴重なプロテインです。
これぞ、PNGって感じですね。
大量の幼虫の団体さんが動いているとさすがにすごい迫力。
一目見て、軽く声をあげてしまいました。


男なら、幼虫の踊り食いだ!!
うにょうにょ動いているのを手でつかんで口の中にポイッと。
そして、舌の上でしばらく遊ばせた後に、一気に噛む。


なーんてことはできません。
さすがに生は無理・・・
きっちり油で揚げたものをいただきました。
ぱく


食べてみると、意外や意外。
おいしいんだなぁ~
お腹を噛むと中から汁がジュワーって。
クリーミーでおいしい。
頭は固くて、バリバリとしている。
食べ出したら、止まりませんでした。


いろんな人に聞いてみたら、現地人ですら食べれない人がけっこういるようです。
たぶんもっと先になったら、パプアでもまったく食べなくなるんだろうなぁー
海外からいろんな食品が入ってくる。
自分たちも簡単でおいしく食べられるものを食しだす。
そして、昔からの食文化は過去のものとなっていく。
食文化だけじゃない。
衣食住を含めてすべての文化はこうして、発展という名の名目で廃れていく。
そうは言っても、文化はほっといてもどんどん変わっていくわけだから難しいんですけどね。
いろんな要素がありすぎて、考えるのは厳しいですね。
考えるの辞めます。

ということで、栄養バッチリ。
今日もわたしは元
2013.06.03 Mon l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本へのカウントダウンもいよいよ1か月となりました。
チケットもすでに手元に入り、あとは時が来るのを待つのみです。

ということで、任地での活動期間は3週間もありません。
なんつっても、ほとんど活動してませんけどw
最後は楽しんで終わりましょう!!ということで行動します。

小さい子供が大好きです。
ということで、最近は幼稚園や小学校を訪問してます。
やっぱり小さい子はかわいいです。

しかし、訪問してびっくりしちゃいました。
ある程度は覚悟してましたが、授業が全然行われてませんでした。
生徒たちは教室でおしゃべりしているだけでした。
先生たちがまったく教室にいない。

ある先生は遠くから通いだから、来るのが遅い。
ある先生は病院に行ってる。
ある先生はずる休み。
ある先生は道端でおしゃべり。
ある先生は1日中草刈りに精を出す。

先生が足りないとか、英語教育がなってないとかいろいろ国では問題になってます。
しかし、本当の問題はそこじゃないのかもしれません。
PNG生活2年で、驚くことは少なくなりましたが、それでもひどさに圧倒されてしまいました。
みなさんに見せてあげたいところです。

ということで、ナイスな青年と年長さんの集合写真をお見せします。
IMG_4591-crop.jpg

小学生と遊んで疲労困憊。
鬼ごっこを2分しただけで、へたり込んでしまいました。
彼らの元気をちょっと分けてほしい今日この頃。
今日もわたしは元気です。
2013.05.22 Wed l 学校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。